« 待機中の家電は熱い! | トップページ | マレーシア産お菓子の焼き型。 »

泡瀬、昨日から座り込み開始!

泡瀬でもついに座り込みがはじまりました。

泡瀬の埋立工事は、これまで春~夏は一時中断していました。レッドデータブック記載種である「トカゲハゼ」の繁殖期にあたるため、影響が出る可能性があるとの理由からで下。

しかし、今年はついに埋立地を囲む護岸が完成し、「護岸の内側の工事なら影響がない」として、トカゲハゼの繁殖期にも工事は続けられていました。

8月からはより環境負荷の大きい護岸外側の工事がはじまるため、泡瀬干潟を守る連絡会は、工事車両の出入りする橋梁入り口で8月4日から座り込みを始めました。


●沖縄タイムス記事
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200808041700_07.html

●琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-134875-storytopic-1.html

以下、現地で座り込みをしている桑江直哉さんの臨場感あふれるメールから一部引用します(写真も桑江さん)。

====================<ここから引用>==============================

>   今日も、朝5時から連絡会のみなさんと泡瀬干潟の仮設橋梁前に
>   バリケードを作って、埋め立て阻止行動していました!
>   (中略)

        080401_2

>   工事関係者はもちろん・国の職員・県の職員・市の職員!総動員!
>   警察・公安も来て!

>   うゎあ・・・大変だ! と思ったら・・

        080402


>   弁護士が来て、「君たち法律的に今のところ問題ない!」


>   えっ   ウソ・・・

>   こんなけやって!
>
>
>   バリケード作ったところが市有地で、東門市長の退去命令がないと
>  退去しないでいいことに!


>   強制退去することなく、バリケード続行中!



>   お陰で・・・今日から泊まり込み・・
>
>
>  面白いけど・・・大変です・・(後略)

       080403

=======================<引用ここまで>========================

辺野古でも高江でも座り込みは続いているそうです。座り込みをしているのは、決して過激な人たちではありません。みんな、穏やかな普通の暮らしをしてきた人々です。

ただ共通するのは、自分たちが自然の恵みによって生かされているということを、実感として持っているというコトだけです。ちょっとだけ、ほかの人たちよりも自然環境とニンゲンとの関わりについて、感覚がするどかっただけのこと。

これまで連絡会のみなさんは、事業者に対して何度となく言葉を尽くしてこの海の大切さを説いてきたのです。でも、事業者サイドは少しも耳を傾けてはくれなかった、その結果としての止むに止まれぬ行動であることをご理解の上、どうぞご支援ください。あるいは温かく見守ってください。

|

« 待機中の家電は熱い! | トップページ | マレーシア産お菓子の焼き型。 »

コメント

ウミアッチャーこと長田といいます。
気候変動(地球温暖化)問題にかかわっています。

地球温暖化はかなりの程度明らかになったと思われます。
地球温暖化が進行すると台風の大型化や海面上昇が予測されています。

泡瀬の埋め立てが進められている中城湾は南に開かれている湾です。
このことは台風の進路、直撃を受ける可能性が大きくなります。このような場所に埋立地を作るということは今後のリスク回避から見て問題が極めて大きいといわざるを得ません。

このようなことが予想されるにもかかわらず何らこの問題を鑑みることなく事業を進めていくことは、将来この場所に何らかの被害が生じた際には「人災」と言えるでしょう。その場合、責任が問われるのは『事業者』です。

投稿: ウミアッチャー | 2008年8月 7日 (木) 00時26分

ついにやってくださいましたか!
飛んでいきたい気分です。
暑いところ大変かと思いますが、がんばってください。

2-3日前に水野隆夫さんがいらして、東京での写真展の帰りに、藤前でも展示したいとおっしゃっていたのですが、そのときぶしつけにも、何か直接行動はなさらないのですかと聞いてしまったものですから・・・

さて、わたしたちになにができるでしょう?
東門市長に、手紙を書きたいです。

投稿: 辻 淳夫 | 2008年8月 7日 (木) 06時39分

昨日は、喜納昌吉さんが来て!

 テントにあったアコースティックギターをおもむろに取り、弾いていました!

 カッコよかった!

 そこで泡瀬干潟を守るためにコンサートをやろう!と明言!8月末か、9月になるようです。

 なんかやる気満々で!

 パワーもらえました!

 たまたま、若手ミュージシャンたちもいて、なんか盛り上がってきています!

投稿: ハボウキクワエ | 2008年8月 7日 (木) 15時34分

水間さん

辺野古と泡瀬の闘いは、心を捉えて離しません。
福岡でも、沖縄に心を向わせる運動が続いています。

海と空が繋がっているのだから、きっと博多湾の心もつながります。

座り込みにエールを送ります。

投稿: 脇 義重 | 2008年8月 7日 (木) 18時03分

お久しぶりです。お元気ですか?
以前O君でお世話になったものです!!

ぜひ、泡瀬干潟での座り込みに参加できたらと思っています。もっと多くの人に泡瀬干潟のすばらしさを知ってもらいたいです。

でも、広島から行くにはお金と時間がなかなか取れません(泣)今、山口の長島でも原発問題が大変なところまできていて、先日まで原発でゆれる祝島に滞在していました。

多くの人が知らない間に、残されているわずかな自然を失っている現実をどうにかできないものかと思います。

忙しいでしょうが、お体に気をつけてください。

投稿: 岡田和樹 | 2008年8月23日 (土) 13時09分

みなさま、あたたかいご声援をありがとうございました!!

座り込みは25日をもって解除することになりましたが、座り込み現場で頑張っているオジサマたちにも、みなさまからのお言葉、しっかり届けました。本土からも注目されていることは、今後の運動にとっても、ますます励みになります。

藤前もハチの干潟も埋立事業を中止に追い込んだ場所だけに、座り込みの周辺で支援してくれている若い人たちにとっては、希望の星☆。 とりわけ岡田さんの奮闘については伝説化していますヨ!!(笑)。泡瀬関係のブログや掲示板で、「ハチの干潟では、一人の若者が埋立を止めたんだよ、泡瀬でも、みんな少ずつでいいから何かできることを頑張ろうねって」、励まし合っているのを見ました。

岡田さんが泡瀬に来てくださったこと、そしてずっと気にかけてメッセージをくださったこと、みんな本当に喜ぶと思います。ありがとうございました!! 

投稿: みずまやえ | 2008年8月23日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/42088209

この記事へのトラックバック一覧です: 泡瀬、昨日から座り込み開始!:

» 泡瀬干潟 web署名のご案内 [リーフチェッカー’さめ’の日記]
web署名のご案内です(8/31まで) http://www.shomei.tv/project-97.html(管理 by KEN子さん)みなさま、引き続きご協力お願いいたします!先のエントリーでもご紹介した紙ベースの署名ももちろん有効です (同じく8/31締切)。沖縄県には漁業調整規則という規則があり、そ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 18時40分

« 待機中の家電は熱い! | トップページ | マレーシア産お菓子の焼き型。 »