« バナナの葉っぱ、かじったのだぁれ? | トップページ | 緑がわさわさ »

ご近所で強盗事件 (>_<;)

出勤途中通りかかったアパートの駐車場で、赤いかりゆしウェアー(沖縄県が夏服として推奨している南国的開襟シャツ)を着た30前後のおにーさんを見かけた。

ファイルを手に佇んでいる様子は、新聞購読の勧誘かNHKの集金人さんを思わせる。次はどこのアパートへ行くのか確認しているところ、という感じ。ま、どっちにしても私には用がない…と通り過ぎたところで、なぜか後から呼び止められた。

「あのー、警察ですが」

そうして、首から下げていた小さな手帳風のものをぱかっと開くと、金属製の仰々しい警察の紋章があらわれた。おっと、びっくり! しかし、そのお巡りさん(刑事さん?)は、あくまで物腰柔らかだった。

「昨日、午後1時半頃、この近所の郵便局で強盗事件があったのですが、ご存じですか?」

いいえ、存じませんでした。そういえば前日は気分がすぐれなくて、午前中、NHK第一の「こども科学電話相談」だけ聴いてラジオを消してしまったのでした。そうなると新聞もとってないから地域のニュースはほとんど耳に入らない。

郵便局の名前を聞くと、わたしも利用しているところ。あぁ、あそこのおねぇさんと局長さん、怖い目にあったんだ…

「同じ時間帯にこのあたりを通っている方に写真を見ていただいて情報の提供をお願いしているのですが、この人物に見覚えはありませんか?」

そうして、郵便局の防犯カメラが捉えたという写真を見せてくださいました。正面上方からの撮影です。帽子を目深にかぶって顔はわかりません。作業服っぽいのを着ているけれど、沖縄では業者さんじゃなくても作業服を普段着にしているおじさん&おじぃがいっぱいいるし、ちょっとわからないなぁ…

「正面からの写真ですし、知り合いなら見てわかるのではないかと」

確かに顎の輪郭や体格はわかる。

「おもちゃかどうかわからないのですが、拳銃のようなもので脅して300万を奪ったあと、ちょうどこのあたりまで逃走してきたことは確認されています。ただその後、どちらへ逃げていったかわからないのです。」と、事件のあった郵便局から坂を下ったT字路を指さす警察官。

「最近、強盗が増えていますし、何か情報があればぜひお寄せください。 このあたりは今、警察の者がたくさん立っていますので、また声をかけられたら、“写真見ましたよー”って言ってくださいね。ご協力ありがとうございました!」

最後まで、なんだかとっても明るくて感じのいい人でした。警察の聞き込み捜査を受けるなんて初めての体験ですが、警察のイメージ、ちょっと良くなったぞ!? (最近、冤罪などに関連して、警察の取り調べのしかたがよろしくないという報道を聴いていたからね。)

しかし…、強盗増えてるんですか、知らなかった。世の中ゆがんで来てるんでないかい?

それで思い出したのが10年以上前のある年末のこと。わざわざ大きな警察署の向いにある銀行に押し入ったオジサンがいたことを思い出しました。年末に食べ物もお金もなくて、それでも生きるためにオジサンが考え出した場所が、「留置所」や「拘置所」だったらしい。

「強盗」という違法手段に訴えるのはもちろん良くないことだ。でも、社会保障の枠からはずれてしまった善良な市民が食うや食わずでいる一方、犯罪者は拘束されているとはいえ、雨露はしのげるし税金でご飯も食べさせてもらってるんですよね。

お金を奪うためではなく逮捕されるために銀行に押し入ったなんて、せつなくなるよねぇ。そのオジサンがその後どんな裁きを受けたのかは知らないけれど。

|

« バナナの葉っぱ、かじったのだぁれ? | トップページ | 緑がわさわさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/41977828

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所で強盗事件 (>_<;):

« バナナの葉っぱ、かじったのだぁれ? | トップページ | 緑がわさわさ »