« 「精米改良剤」の影響 | トップページ | 繁多川史跡看板巡り »

二十日大根が咲いてます。

秋に撒いて、生育が悪かった二十日大根。それでも葉が食べられるのでせっせと摘んで食べてしまいました。

ところがあまりにも生育が悪くて摘み取るのすらわすれていた雑草扱いの一本が近頃にょきにょきと茎を伸ばしはじめ、ついに花開きはじめました。

061801さすが、アブラナ科!という形の花です。小学校で習いましたね、アブラナの花は花弁が四枚、十文字に開きますって。

しかも大根と名が付くだけあってハマダイコンそっくりの薄紅色の花です。普通の大根もこんな可憐な花を咲かせるんだろうな。

種も取れそうですが、どうしようかな~。スプラウトにして食べるもよし、ふつうに撒いて、今度こそ太った二十日大根をねらうもよし、種そのものを味わってみるのもオツかも…

|

« 「精米改良剤」の影響 | トップページ | 繁多川史跡看板巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/41577201

この記事へのトラックバック一覧です: 二十日大根が咲いてます。:

« 「精米改良剤」の影響 | トップページ | 繁多川史跡看板巡り »