« 「歓喜の歌」がきこえてくるよ♪ | トップページ | 梅シロップ »

最近観た映画二題;『牡牛座 レーニンの肖像』と『モレク神』

今週はじめは映画三昧をしてきた。といっても、一日一本、二日連続で計二本見ただけだけど(笑)

桜坂劇場ではただいま「ファンクラブ」会員新規入会キャンペーン中!! で、期限が切れる前に継続手続きした場合にも、いろいろな特典がついてきます。わたしはこのたび、2回目の更新をしました。更新すると、映画が無料で見られる招待券(更新した次の日から3ヶ月有効)がいただけるのですね。

日曜日には、まずこの更新と、『牡牛座 レーニンの肖像』を観ました。次の日、招待券を利用して、『モレク神』を観ました。いずれもロシアのソクーロフ監督の映画。ソクーロフ監督の映画では、昭和天皇を描いた『太陽』がかなり話題となりましたね。わたしも2006年11月にやはり桜坂で上映されているときに観ました。

『牡牛座~』は、タイトルの通り最晩年のレーニンを、『モレク神』では山荘で過ごすヒトラーを描いています。いずれも神のように崇拝され、またおそれられた人々。歴史で描かれる彼らの面影は、表面的かつ非人間的だけれど、ソクーロフ監督は実にあたたかな眼差しでそれぞれの人間性を描き出しています。

ヒロヒト、レーニン、ヒトラー、いずれにしてもそこはかとなく可笑しい。とりたてて山場もなく、静かに淡々と過ぎて行く物語なのに、どことなく子どもっぽさをにじませる主人公たちが次に何をしでかすのか目が離せない。映像が幻想的で美しいだけに、却って登場人物たちの滑稽さが際だつ。そして、滑稽さのむこうに見え隠れする哀愁や苦悩。

その場面が可笑しければ可笑しいほど、悲哀や苦悩の深さも感じられるという複雑な味わいがあります。

どんな人にもそれぞれの人生があることを、そして、一国の指導者にはどんな人がふさわしいのかということを、ちょっぴり考えさせられる映画でもありました。

|

« 「歓喜の歌」がきこえてくるよ♪ | トップページ | 梅シロップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/41509981

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画二題;『牡牛座 レーニンの肖像』と『モレク神』:

« 「歓喜の歌」がきこえてくるよ♪ | トップページ | 梅シロップ »