« 泡瀬干潟ほっつきある記 | トップページ | 今日の収穫;ツルムラサキの葉と花穂、それから??? »

泡瀬干潟でシーナさんに会ったのコト。

5月8日、今日の干潮時の潮位は-13cm。海草場の定点観測をしているのですが、4日はあまり引かなかったのでもう一度いかなくっちゃ!

最干潮時間が午後3時近くだったので、午前中はゆっくりと『砂の海』(椎名誠著)を読みました。エッセイはおもしろいけど小説はイマイチ…という作家さんもいる中、シーナさんの書くモノは、エッセイでも紀行文でもSFでも、みんなおもしろく読めてしまうので不思議です。そんなわけで、椎名さんの本はジャンルを問わずかなりたくさん持っています。

早めの昼ご飯を食べて出発! 

12時過ぎに干潟に面する堤防に着き、定位置にバイクを止めました。磯足袋に履き替え、手甲をつけ、サンバイザーにほっかむり。

海・山遊びが好きなのに日に当たると紫外線かぶれすることに気づいたのはちょうど20年前、沖縄に来た年のこと。海山歩きはやめられないから、しっかりと対策するしかない。そんなわけで、できあがりはすっかり「畑仕事をするカアチャン」なのだ。

いざ、干潟へ。

堤防の駐車場ごしに干潟の方を眺めると、早くも干潟からあがってきた人々が見える。今日はこれから潮が引くんですよ~。まぁ、岸辺で遊ぶくらいならもう充分引いているけどね…。と思って見ていると、マイクを掲げてヘッドフォンをしている人、録音機らしきものをチェックしている人、記者風の人、リポーターらしき女性…、何かの取材だな。

その中に知り合いのMさんの姿を発見。干潟を案内してきたらしい。挨拶してから干潟に下りよう。

「こんにちは~!」と、駐車場を突っ切りながらMさんの方へ向かって歩く。通り過ぎようとした車にふと目が止まった。後部の扉を開放し、半身を外に出したまま車の座席に横向きに腰掛けた精悍な男性の姿。

目があったような気がして、こちらにも挨拶。

「こんにちは~!」 

ん???どっかで見たような。

「あ!もしかして、椎名誠さんですか?」

「はい。」

今朝読んだ20年前の紀行文の写真そのままの、いや、むしろ当時よりすこし痩せていらっしゃるぶん、凛として見える椎名誠さんが、9年間通い続けた泡瀬干潟にいる!!!

びっくりしました。シーナさん風に書くとすっかり「逆上」してしまって、まぁつまり、頭に血が上ってというか、そうとう興奮してしまってというのか、いきなり握手を求めてしまったのでした。

たとえて言うなら、遠くからひそかにそっと思いを寄せている相手と四つ辻を曲がったところでいきなり鉢合わせしてしまい、気が動転したはずみに告白してしまった、というような感じかしら。

こんなにドギマギするなんて予想外のことで自分でもびっくりしたわけですが、突然まえふりもなしに握手を求められた方はもっと驚かれたに違いありません。

しかもわたしは磯足袋にほっかむりという、干潟に行くにしてもかなりアヤシイ恰好をしていたのです。

でも椎名さんは快く応じてくださいました。僻地とか辺境とか言われる世界中の厳しい環境のところをあちこち旅してきた人の握手はしかし、意外にもふわりとやさしいものでした。

そのあと干潟を案内してきたMさんを介して、椎名さんと二言三言ことばを交わすことができました。こんな風に言うと失礼かも知れないけれど、物静かなオトナのオトコ、という印象を受けました。そう、オトコなのです。還暦過ぎてるようには見えなかったな~。まだまだバリバリの働き盛り!という感じ。若いのです。

海辺の風に吹かれて、清潔感あふれる白いTシャツと七分丈のズボンがよく似合っておいででした。

椎名さんと取材陣を載せた車は間もなく干潟をあとにしました。それを見送ってから堤防でMさんに聞いた話によると、ラジオの収録だったそうです。

FM沖縄では毎週土曜日の午前11時から、「椎名誠・株式会社のじゅねーラジオ」という番組が放映されています。たぶん、この番組の収録でしょう。残念ながら放映日はわかりません。1~2ヶ月あとになるんだろうな。

一つ残念だったのは、朝出かける準備をしているとき、なぜか読みかけの『砂の海』が頭をよぎったのに、「干潟に本を担いで行っても重いだけよ?」と自分に突っ込みを入れて持って行かなかったことでした。

あの場面で『砂の海』があれば、まちがいなくサインしてもらっていたんだけどなぁ~!! それにしても不思議。ちょっと出かける時間がずれていたら、お会いできなかったわけですから。

椎名さんは泡瀬干潟を気に入ってくださったでしょうか? またどこかでお会いできると嬉しいです。 ありがとうございました。

|

« 泡瀬干潟ほっつきある記 | トップページ | 今日の収穫;ツルムラサキの葉と花穂、それから??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/41156669

この記事へのトラックバック一覧です: 泡瀬干潟でシーナさんに会ったのコト。:

« 泡瀬干潟ほっつきある記 | トップページ | 今日の収穫;ツルムラサキの葉と花穂、それから??? »