« バジルの花 | トップページ | 泡瀬で浜下り(はまうり) »

照り焼きマグロバーグ!

ひさしぶりにご飯ネタです。

沖縄の人はマグロ好き。週末になると、スーパーには平日よりたくさんのマグロの刺身が並びます。おかげで刺身をとった後のアラもたくさん出ます。牛肉のように濃厚な味の血合いやほどよく脂ののった骨付きあばら肉などが入って 800g 200円とか500g 150円とか、そういう破格値で売っています。ビンボー美食生活にはもってこいの食材です。

いつもなら

【その1】 塊のアラを塩水で洗ってから、昆布を敷いた深皿にならべて、適当にスパイスやハーブや塩をふって蒸す。

【その2】 同じように下処理したマグロのアラにやはり適当にスパイスやハーブ、塩をふってニンニクとオリーブオイルで焼く。

という、キャンプ料理的簡単調理しかしないのですが(それで充分おいしいんだからね!)、今日はちょっとだけ目先を変えてみました。

【照り焼きマグロバーグ 大根下ろし添え】

040606_2

①マグロのアラに付着している鱗などを塩水で洗い落とし、清潔な布巾で水気を拭きとる(付着物や臭いがなければ省略可)。

②骨や皮をとりのぞいたら、包丁でたたいてミンチ状にする。

③ある程度細かくなったらボールに移し、塩適量をくわえて手でこねる。

④粘りが出てきたら食べやすい大きさにまとめて、表面に片栗粉をまぶす。

⑤油を敷いたフライパンで両面をこんがり焼き、仕上げに みりん:しょうゆ=1:1 のあわせ調味料をフライパンの縁から回し入れ、マグロバーグにからめて皿に盛る。

⑥最後に大根下ろしを添える。

今日は④のところで生バジル(うちのベランダで繁茂している)を刻んで入れましたが、シソやショウガ、ニンニクなどもあうと思います。

お味ですか? もちろん、おいしゅうございました!! good  

マグロって、火を入れるとパサパサになるというイメージがあるかもしれませんが、肉汁もたっぷり、歯触りもプリプリにできました。

片栗粉のコーティングパワーと、加熱しすぎないのがポイントかな?

|

« バジルの花 | トップページ | 泡瀬で浜下り(はまうり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40793251

この記事へのトラックバック一覧です: 照り焼きマグロバーグ!:

« バジルの花 | トップページ | 泡瀬で浜下り(はまうり) »