« 照り焼きマグロバーグ! | トップページ | 泡瀬 海草移植実験から6年経って »

泡瀬で浜下り(はまうり)

一日早いのですが、泡瀬へ浜下りに行きました。「浜下り(はまうり)」というのは沖縄の行事というか習慣と言うべきか…の一つで、旧暦3月3日に海で貝を採って楽しむこと。

昔は女性が海辺で楽しむ日でしたが、今は家族ぐるみやオジィの姿だって見かけます。浜下り由来の物語を見ると、海に入るのは身を清める意味もあったようですね。

000503山原の森を思い出させるイソスギナの群落を見ながら沖へ向かいます。

 

 

 

040719 

たくさんの人々が貝を採りに来ていました。 

 

  

040711 

石灰岩のくぼみでジャノメアメフラシの子どもたちが団子になっているのを発見。  

040714今年はこの子たちが大発生している模様。よく見るとそこら中にうじゃうじゃしていました。

 

 

 

040716 

ややや、小さな「まっくろくろすけ」発見!!

 

040715ガンガゼの子どものようです。それとも、トックリガンガゼモドキってやつでしょうか。

040723枝サンゴの群落付近でこんなのも見つけました。生きているのを見たのは初めて~!! eye

もちろん、食べる貝も採って帰りました。本日はホソスジヒバリとリュウキュウサルボオ、カワラガイにイレズミザルガイも拾いました。リュウキュウサルボオは刺身がうまいですが、他のは酒蒸しがおいしいですね~!

 (ほかの貝類の写真はこちらからどうぞ)

040722そのほか、今日はフタスジナマコも採って帰りました。 

これは腹を縦に裂いて内蔵を出し、圧力鍋で沸騰してから30分~1時間ほど弱火で加熱すると柔らかくなります。加熱時間が長くなるほどトロトロに柔らかくなり、短めだとプルプルの食感が楽しめます。

独特の匂いがあるのですが、適当な厚さにスライスして、中華風スープにして食べるとおいしいです。薄めにスライスして酢醤油でいただくと「珍味!」って感じになります。

============================================

※干潟に興味があるなら、全国の干潟を紹介している『干潟の図鑑』がオススメ!

 泡瀬干潟も載ってるよ!! (写真と情報を提供しました。)

|

« 照り焼きマグロバーグ! | トップページ | 泡瀬 海草移植実験から6年経って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40817320

この記事へのトラックバック一覧です: 泡瀬で浜下り(はまうり):

« 照り焼きマグロバーグ! | トップページ | 泡瀬 海草移植実験から6年経って »