« ナンテコッタ!~沖縄・泡瀬干潟~ | トップページ | うちのドウキョシャ、ヤモリについて »

古新聞の再々利用法

わたしの住んでいる自治体では、一度濡れたり汚れたりした新聞は資源ゴミとして引き取ってくれません。再生紙にするときに不純物が混ざって困るからでしょうね。

ところがわたしは野菜を保存するのに古新聞を使います。そうすると、どうしても湿ってしまうし、泥が付きますよね。3~4回は同じ紙を使い回ししますが、そのうちに紙が弱って破れてきます。今日はそうなったあとのお話なんですが。

022804せっかく程良くヨレヨレになった新聞紙をただ燃やすゴミに出してしまってはもったいない! 適当な大きさに切るなり破くなりして、流しの近くにストックしておきます。

食器や調理器具の油汚れなどをこれで拭ってから洗うというわけ。

石けんの使用量は減るし、ゴミとして燃やされるのを待つだけだった古新聞君も最後のひと働きをして、もう思い残すことはないでしょう…!?

|

« ナンテコッタ!~沖縄・泡瀬干潟~ | トップページ | うちのドウキョシャ、ヤモリについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40476971

この記事へのトラックバック一覧です: 古新聞の再々利用法:

« ナンテコッタ!~沖縄・泡瀬干潟~ | トップページ | うちのドウキョシャ、ヤモリについて »