« 昨日であった草花たち。(沖縄・中城村) | トップページ | ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟2~“食い気の生物学” »

ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟1~アヤシイ面々

3月10日、正午。泡瀬干潟に面した堤防にアヤシイ仲間たちが集結した。

しばらく沖縄を離れることになったYさんと一緒に干潟を歩いて貝を採り、浜辺で貝汁を賞味しよう!という楽しいツアー企画。…だったはずが、当のYさんは残念ながら引っ越し準備が間に合わないらしく、不参加との連絡。だからといって、堤防まで来てそのまま解散する我々ではない。即座にただの「干潟歩き&貝汁の会」に変更。昼間に潮位1cmまで引くなんて、こんな日に干潟を歩かない手はない!!

貝に詳しい我が親友N君は、調査に使うのと同じバケツとスコップ持参。

生きものなら何でも好きなイタチ君は貝を入れるのに洗面器を持ってきた。あいかわらずオモシロイやっちゃ。

泡瀬の住人K江君は、今日は胴長着用なので、最近立派になってきたお腹をさすりながら立っている姿は、セリが終わって暇になった漁協のアンちゃんみたい。

近頃すっかり泡瀬ファンになったというUさんは、長旅にでも出かけるようなバックパックを背負って登場。中には携帯コンロやお鍋、おいしいおにぎりなどが仕込んであるという。さすがにこのリュックは車に置いて干潟へ向かった。

初めて泡瀬に来たAさんは、目を見開き、デジカメ片手にわくわくしている。

写真家の I さんは、最近泡瀬の映像を撮っていて、今日も映像機器を担いでやってきた。

そして今回のスペシャルゲストは、広島からやってきたという、柔和な笑顔をたたえたOさん。実は浚渫土砂捨て場にされそうだった地元「ハチの干潟」の保全運動を展開し、見事ストップをかけたという強者。

何だかそれぞれにすごいメンバーだな。そして、99年から泡瀬で写真を撮り続けているわたしの総勢8名。

まずは、海岸にまつられている竜宮神にお祈り。わたしが拝んでいると、K江君がいつの間にか印を結んで目の前に立ち、ニヤニヤしている。胴長はモスグリーンだし、恰幅が良いので、青銅で造られた大仏様みたいだ。

「おまえはいつ神様になったんじゃ~!」、「拝まれたいなら埋立地の人柱になって埋め立て止めて来ーい!」などなど、さまざまな方向から突っ込みが入る。(「ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟2~」へ続く)

Photo_2   

※泡瀬の風景や生物の写真は、こちらからご覧になれます。

|

« 昨日であった草花たち。(沖縄・中城村) | トップページ | ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟2~“食い気の生物学” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40509011

この記事へのトラックバック一覧です: ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟1~アヤシイ面々:

« 昨日であった草花たち。(沖縄・中城村) | トップページ | ウマカッタ!~沖縄・泡瀬干潟2~“食い気の生物学” »