« うちのドウキョシャ、ヤモリについて | トップページ | 泡瀬遠景 »

忙しいときほど保温調理でおいしい煮物

保温調理器具はいろいろ出ているようですが、どれも結構高いですよね。私は普通の鍋を毛布やバスタオル(古新聞でも可)などでくんで保温調理の煮物やスープを楽しんでいます。木製の鍋敷きなどを利用して底からの放熱を防ぐとなお良いようです。

1.少な目の水を張った鍋を火にかけます。

2.火が通りにくい食材から切り、次々と鍋に放り込んでいきます。材料が水から出てしまうと保温調理中に火が通りにくくなるので、水加減は材料にかぶるくらいが良いようです。もちろんスープなら多めでもOK。

3.沸騰したら味付けをして火を止め、毛布などでくるみます(ジャガイモなど火の通りにくい食材が入っている場合は、5分ほど煮てからのほうがよいでしょう)。この間5分か10分程度です。

1~2時間でバッチリ柔らかくなります。さらに、長時間放置しても煮え過ぎや煮くずれの心配ナシ。冷えた方がほどよく味もしみています。

素材の歯触りや風味が楽しめるうえ、野菜などはびっくりするほど甘みが引き出されておいしくできあがりますヨ!

わたしの場合、そんなに大量の煮物を作ることはないので、材料を切るのと煮るのを同時進行でやれば、調理器具の片づけが終わった頃にはだいたい煮物が沸騰しています。大量に作るなら、朝食や昼食の準備のついでにやって、煮え立つのを待つ時間に食事をするとか、お出かけの準備でもしていれば時間の無駄もナシ。

お鍋を火から下ろして毛布で包んだら、あとは火元の心配をすることもなく、お買い物でもお仕事でも、もちろん集中力の必要な在宅仕事でもOK! ガス代節約になるし、忙しいときほどオススメの調理法です!

薄い塩味だけで多めにスープを作っておけば、食事の度に一食分ずつ小鍋にとりわけ、温めながら味噌味・醤油味・カレー風味などいろいろな味付けを加えることもできます。何回も同じ味が続くと飽きますが、素材が一緒でも目先が変われば結構飽きません。

|

« うちのドウキョシャ、ヤモリについて | トップページ | 泡瀬遠景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40406834

この記事へのトラックバック一覧です: 忙しいときほど保温調理でおいしい煮物:

« うちのドウキョシャ、ヤモリについて | トップページ | 泡瀬遠景 »