« ハギの花の咲く頃~沖縄で味噌を仕込むには~ | トップページ | 今日の収穫(サヤインゲンと春菊) »

甘酒つくってみました。

味噌用に麹をおこしたのですが、ちょっこしあやしげなのが出来たので甘酒にしてみました。

市販の乾燥麹の袋に書かれた甘酒の作り方は次の通り。

1.一晩浸水したもち米 130g を4倍ほどの水で粥に炊く。 2.粥の温度が70℃くらいに冷めたら麹200gを入れる。 3.お湯か水 250ml を加えて60℃程度にする。 4.そのまま12~15時間ほど保温する。 5.煮沸してできあがり。

工程は単純なんですが保温するところがネックですよね。温度が高すぎると酵素が壊れてしまうので甘酒になりません。温度が低いと今度は乳酸菌や納豆菌など他の菌が繁殖してしまいます。

そこで炊飯器の登場!!021605

うちの炊飯器はご飯を炊くとやばそうなくらいどうもいろんなところが腐食してしまったので普段のご飯は土鍋か圧力鍋で炊いています。しかし何かを保温するのには便利。というわけで、捨てずにまだおいてあるんですね~。

うちの炊飯器の場合、蓋を開けたまま他の容器で湯煎にかけると甘酒に丁度良い温度になります(写真は温度計で温度をチェック中)。作業中以外はさらしやガーゼを被せておくと温度が上がりすぎず良いようです。

以前、市販の麹を使ってこの方法で作ったら驚くほど甘く香りもよい絶品の甘酒が出来ました。しかし、今回使うのはなんと言っても自家製の「あやしい」麹です。さらに、分量もいい加減~! だって生麹だし、麦も混じってるし(笑)。

さぁ、出来上がりはというと…。

一応甘くはなりました。でも麹を起こす時点で乳酸菌も増やしてしまっていたようで、酸味のある甘さ控えめの甘酒という、面妖なものが出来てしまいました。でもどこかで口にしたことがあるような、ちょっと懐かしい味です...?

|

« ハギの花の咲く頃~沖縄で味噌を仕込むには~ | トップページ | 今日の収穫(サヤインゲンと春菊) »

コメント

はじめまして。失敗した麹はどうやって利用...と、検索してコチラに辿り着きました。やっぱし妖しい味になってしまうのですね...。

ところで、沖縄の味噌はどんな味なんでしょうか?同じなのかな?

投稿: emma | 2010年3月30日 (火) 17時50分

emmaさま

コメントをありがとうございました。レスが遅くてすみません。

失敗麹でつくった甘酒は、実はマッコリのようになってしまいました。

それから沖縄の味噌の味ですが、普段使いの味噌は赤味噌系です。これといって他の地域と違った特徴を感じたことはありませんが…、でも、大手で量産された味噌よりは地元で丁寧に造られている味噌の方が断然うまいと思います。

それから、イナムドゥチとよばれる汁物は、甘口の白味噌仕立てです。具は豚肉とこんにゃく・椎茸・かまぼこなどです。正月などの特別料理だったようです。

投稿: ミズマ | 2010年4月 1日 (木) 12時26分

お返事、ありがとうございます。
コメントの後、「ああ...失敗...」と、思いつつも諦めきれず、少し加温してみたら次の日、あんまりフワフワじゃないけれど、なんとか復活しました!白米でなく七分だったから麹がつきにくかったのかもです。けど、失敗麹もマッコリになるならいいですね。どぶろくにはならないってところが不思議ですねー。

沖縄は赤なんですね。わたしは京都なんですけど、6.7年前から手前味噌派なので、その時々によって麦味噌だったり色々ですが、多分この辺で常に使うのは米麹と豆で作った。普通(?)の米麹味噌です。色は黄土色っぽいです。
お正月は沖縄も白味噌?京都は頭芋と雑煮大根(細い大根)を入れた、お雑煮ですね。お餅は丸です。

投稿: emma | 2010年4月 3日 (土) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/40202556

この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒つくってみました。:

« ハギの花の咲く頃~沖縄で味噌を仕込むには~ | トップページ | 今日の収穫(サヤインゲンと春菊) »