« コメツブウマゴヤシのお浸し | トップページ | 種まきから2ヶ月あまりで »

ベーコンづくり

つい最近まで、沖縄のほとんどの家庭では正月を旧暦で祝っていました。ところが、最近は就職や進学で本土に住む家族のいる家庭も多く、県内にいても会社や官公庁にお勤めだと旧暦にまとまったお休みがとりにくいこともあって、新暦の正月を祝う家も増えてきたようです。

そして、沖縄の正月に豚肉料理は欠かせません。正月三が日も休まず営業するようになったスーパーでは、正月客を当て込んで上等の豚肉をいつもより多めに棚に並べていたようです。年末まで実家にいた私は、正月にガラ空きのスーパーへ行ってそれを知りました。どのスーパーでも多めに並べれば、供給が需要を上回って、当然、余るわけですね。当日消費期限切れの肉がたくさん並んでいて、みんな半額になっていました。あぁ、もったいない。

すぐその日には必要ないけれど、半額になった上等豚の三枚肉を買うことにしました。塩漬けにしておけば二週間くらいもちます。塩、胡椒、ナツメグにベランダ菜園のローズマリーをまぶし、清潔な布巾で包んだら、ビニール袋に入れて冷蔵庫で寝かせます。

はじめの三日くらいは肉から水がでるので、布巾は毎日換えます。その後は3~4日に一度の交換で十分。一週間もすると熟成して、ハムのような旨味が出てきます。

一週間寝かせた後、少しずつ消費していましたが、そろそろ二週間経つので残りはベーコンにしてみました。と、言っても「キッチン薫製」です。燻煙装置は中華鍋と網で代用。燻材だけは、去年ホームセンターで仕入れたものを使いました。桜のおがくずを圧縮して、火をつけると線香のようにじっくり燃えるようにしてある優れもの。しかも本格的なチップよりずっと安い!

まずは燻材に着火。アルミホイルを敷いた中華鍋も温めておきます。着火した燻材をアルミホイルの上に置いて網を敷き、塩漬け肉をおきます。更にアルミホイルで煙が逃げないように蓋をして弱火で待つこと約20分。(中華鍋の底にアルミホイルを敷くのは焦げ付きを防ぐため。)

ちゃんとベーコンになりました。しかも結構おいしいです。この状態なら冷凍してもそんなに味は落ちません。残りもゆっくり食べよ~っと♪

011906

|

« コメツブウマゴヤシのお浸し | トップページ | 種まきから2ヶ月あまりで »

コメント

また、おいしそうな物を!
生ハムも冷蔵庫でできるみたいよ。

投稿: いたち | 2008年1月22日 (火) 23時19分

生ハム、いいねぇ~! 作り方探してみます。

投稿: こあら | 2008年1月25日 (金) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/17753280

この記事へのトラックバック一覧です: ベーコンづくり:

« コメツブウマゴヤシのお浸し | トップページ | 種まきから2ヶ月あまりで »