« うずら豆ごはん | トップページ | かりん »

まな板の削り直し

数年前までプラスチック製のまな板を使っていたのですが、劣化して食べ物と一緒にプラスチックを食べているような気がしてきたので桐のまな板に買い換えました。

ふと気づいたら、まな板がえらく黒ずんでいます。漂白剤は使いたくないので、時々削り直します。かんなを使って本格的にやるのは難しいので、私はサンドペーパーを使います。

木片に、まず粗めのサンドペーパーを巻き付けて全体を削ったら、次に細かいサンドペーパーで磨きます。表面が粗いままだと水切れが悪く、カビが来やすくなるからね。

そんなわけで、削る前と削った後。

どうしてこんなに汚くなるまで気づかなかったのかな~。

121706

121709after

|

« うずら豆ごはん | トップページ | かりん »

コメント

使っていると真ん中へこんで切れにくくなるよね。

以前、なんかの祭りでまな板を大工さんに削ってもらったら、すごく薄くなったことがあるよ。半分くらいになった^^;

投稿: いたち | 2007年12月18日 (火) 21時15分

おぉ!使いこむと真ん中がへこんでくるのか!!
しかし、厚みが半分になるとは、大工さんもずいぶんと景気よく削ったもんですね。
もう一回お願いしたらどうなるんだろう?さらに半分の薄さ?それともなくなっちゃうのか??(笑)

投稿: こあら | 2007年12月20日 (木) 18時11分

カンナは安いしまな板を削るくらいなら簡単に使える工具です。自分でやってみるとおもろいですよ。

投稿: 鴨澤眞夫 | 2008年1月 4日 (金) 21時11分

鴨澤さん、コメントありがとうございます^^。

廃材を利用して本棚や座卓を作ったりしているので、カンナは持ってます(古い廃材でも表面を削るととても美しくなりますから!!)。

でも、まな板のように広い面を真っ平らにするのは、まだ難しいです。それにこのまな板、写真ではわかりにくいですが三枚はぎなんですよ。だから、木目の問題もあって、紙ヤスリで削ってしまいました。あはは。

投稿: こあら | 2008年1月 5日 (土) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/17397083

この記事へのトラックバック一覧です: まな板の削り直し:

« うずら豆ごはん | トップページ | かりん »