« 栗の渋で染色 | トップページ | 散髪 »

ムフフの栗ご飯

秋です。食欲の秋です。食欲の秋と言えば私の場合、栗ご飯です。これを食べないと大事な年中行事を一つ忘れたようなソーシツカンに襲われます。

先日は栗の渋皮煮なんぞを作りましたが、実を言うとそのときも栗ご飯を作るために栗を買ったのでした。買った後ちょっと風邪気味になり渋皮を剥くのが面倒になって日和っちゃったのよね~。今度こそ、栗ご飯を作るのだぁ!!と拳を堅く握りしめ(ウソです)昨日改めて栗を買ったのでした。

さて、この栗も安かったのですが、なんというか、ひじょ~に長い間店頭に並んでいたものらしく、かなり乾燥したあげく身が縮まっていて、要するに売れ残りの特売品だったようです。しまった。いつも新鮮で良い品を安くで売っている八百屋さんで買ったので、よく品定めしないで買ってしまったのでした。

なんだかな~と思いつつ鬼皮を剥く。すでに3分の1くらいの栗にカビが来ていて、これは即廃棄。さらになんだかな~と思いつつ剥き続けると、身が縮んだおかげで渋皮は結構簡単に爪で剥ける。一勝一敗か? 普段よりちょっと時間がかかって(重量は平均的な500g入りネットだったけど栗一つ一つのサイズが小さかったんだな)1時間半で1合半あまりの剥き栗ができました。これで220円なら安いと考えるべき??

さて、いつものように土鍋でご飯を炊きます。あらかじめ浸水しておいた米と分量の水、塩と泡盛(基本は日本酒なんだけど沖縄ではいい日本酒が手に入りにくい!)、それに主賓の栗をごっそり。米:栗=4:3という栗比率の高いゼータクな配分です。

101801 炊きあがり!! 栗が乾燥していたためか、ちょっと生っぽい食感が残りましたが、乾燥した分甘さが凝縮したようで(?)、これまで食べた中で一番甘みの強い栗ご飯になりました。これまた一勝一敗?? 

でもでも、お腹いっぱい食べて大満足。最終的には文句ナシ!の栗ご飯は明日の分もあるのでした~。蒸してあたため直せば、栗ももう少し柔らかくなるでしょう。ムフフ、ゴキゲン、ゴキゲン♪ 

|

« 栗の渋で染色 | トップページ | 散髪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗の渋で染色 | トップページ | 散髪 »