« 6月は忙しい!(らっきょうの裏技的薄皮剥きについて他) | トップページ | ブラウスの修繕 »

らっきょうキムチの作り方

①らっきょうを剥いて洗い、水を切る。 Photo_11

②らっきょうの重量の4%の塩をらっきょうに擦り込む。 

③らっきょうとほぼ同じ重量の4%の塩水を②のらっきょうに静かに注ぎ、一晩置いて塩漬けにする。 

④塩漬けが出来たら、塩水を捨て、溶け残った塩があれば軽く洗い落とし、水を切っておく。 

以下の分量はらっきょう約500gに対して:

⑤大さじ1の上新粉(白玉粉でも良い)を150cc程度の出汁で溶いて加熱し、まんべんなく糊状になったら好みの量の粉唐辛子を入れて混ぜ合わせる。 

⑥アミの塩辛大さじ1とナンプラー大さじ1/2に、刻んだ干し柿や干しアンズ(なければ砂糖適量でも)とすり下ろしたニンニク・ショウガを入れてミキサーにかけ、ペースト状にする。 

⑦⑤のノリが冷めたら⑥を入れて混ぜ合わせる。 

⑧⑦にらっきょうを入れてまんべんなく混ぜ、味を見る。この時点で塩味がちょうど良いようだとすぐに酸っぱくなるので、少々塩を足す。味がよければ漬け容器に入れて発酵がはじまるまで常温で置く。 

⑨すぐにでも食べられますが、冷蔵庫で少し寝かせた方がよく漬かって美味しいです。

※取り出すときに清潔な箸を使っていれば、普通冷蔵庫で3ヶ月くらいは持つようです(ちなみにうちでは去年6月に漬けたものの一部を半年くらい寝かせ、年明けから3月頃までチビチビ食べていたので、実際には3ヶ月以上持つようです)。

※出汁は、煮干しでとると良いようです。鰹節でとると「和風キムチ」っぽい味になります。

漬け材料や分量については下記のサイトを参照

男の趣肴ホームページ キムチの項  http://www.ajiwai.com/index.htm

|

« 6月は忙しい!(らっきょうの裏技的薄皮剥きについて他) | トップページ | ブラウスの修繕 »

コメント

おいしそう!うちでも付けてみよっと
7月に食べに行きます^^;

投稿: いたち | 2007年6月21日 (木) 01時48分

うまいよ~!!イタチさんが来るまで残ってるかなぁ。まぁ来てみてちょ!

投稿: こあら | 2007年6月22日 (金) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月は忙しい!(らっきょうの裏技的薄皮剥きについて他) | トップページ | ブラウスの修繕 »